タグ:メンバー ( 7 ) タグの人気記事
I&I@四谷天窓
四谷天窓にてI&Iのライブ。身内みたいなもんでやす。

d0007656_1335654.jpg

d0007656_134642.jpg
新曲もあり、盛り上がってましたねえ。いつにも増して。
またしてもビールのうまい夜。
[PR]
by kachichi_office | 2006-05-11 01:35 | 見に行ったライブ
passion4
銀河高原の夜、配信中です。よろしく。

さて、27日(木)は音楽イベントpassion4を見てきた。秋葉原dress tokyoです。
琉球旅情、廣島リマアフロ橘リクオの順でそれぞれ濃いパフォーマンス!説明できないので省略。言葉がモドカシイ、音を楽しむ夜。
リマのソロバンドには、はららさんも出演。もちろんクロマチックアコーディオン
情念のぶつかり合いですね。(表現重いな。)青になったり、赤になったり。
はららさんを気に入った方、また見たい方は、6・7(水)FFRで、かちちライブへ!(宣伝でした。)

d0007656_14105629.jpg

リマvsはらら


d0007656_14122833.jpg


d0007656_1413625.jpg


左:リマバンド、右:アフロ橘。

d0007656_14155133.jpg

リクオさん。上手い。速い。おもろい。泣ける。「スゴイ」。


才能とエンターテイメントのカタマリにたくさん出会いました。今夜は。

本日の言葉「ミラーボールのある店に悪い店は無い。」byリクオ。
[PR]
by kachichi_office | 2006-04-27 23:59 | 見に行ったライブ
やなぎ兄さんのキーボード
楽器シリーズです。

うちのボランチ、いやレジスタ、やなぎさんのキーボード。
かちちサウンド土台の甘さをかもし出します。

いまどきシンセJUNO-D
d0007656_23345336.jpg

僕の持っているアナログシンセJUNO-106とは、同じシリーズでも、ぜんぜん違うものになってますねー。

この楽器の最大の特徴は、「軽い」こと。
音がじゃないです。質量です。

というわけで、いつもやなぎさんは、颯爽とこんな風に帰っていくのでした…。
d0007656_23355548.jpg

[PR]
by kachichi_office | 2006-03-16 23:27 | かちちの楽器
はむいにギター
うちの左サイドバック(守備は苦手)から
ギターおよびマンドリンで、強力に攻めあがるはむいにさんのギターです。

はむいにさんは、もうかれこれ10年以上の付き合いですが、
もともと誰の知り合いだったのか、よく分からなくなるくらい、
私の周りの人にも、深く染み入っている。

自分を経由してるはずなんだけど、今となっては、
こっちが紹介されたような気になってるような友人関係多数。
逆もあるのでしょう…。w

d0007656_14571824.jpg


1990年製くらいのEpiphon Sheraton

「無形流」

なんとなくそんな言葉が合うような気がします。
唄によって。詞によって。場所によって。

☆はむいにさんの活躍するもうひとつのバンドI&Iが、3/18FFRでライブです。ぜひ!
[PR]
by kachichi_office | 2006-03-07 08:37 | かちちの楽器
クロマチック・アコーディオン
d0007656_2328038.jpg

うちの点取り屋、はららさんの楽器。

はららと初めて一緒に演奏してから、かれこれ5年が経ちます。
つくづく早いな…。

VICTORIA社製 AC420Vとのこと。
クロマチック、いわゆるボタン配列のアコーディオン。


壮観。見るだけで重厚。圧倒的な機能美。

この楽器をはららが持つようになって、たぶん1年半ぐらい?経つかと思うが、ここに来て、彼とこの楽器は何か地殻変動のようなものを起こしているような気がする。いろいろ壊しながら、すごくスケールの大きなものがのぞき出している感じ。
フレーズに迸り(ホトバシリ)を感じる…。

負けないように…。
[PR]
by kachichi_office | 2006-02-27 23:32 | かちちの楽器
かちちの歴史
かちちと言い出したのは以外に最近です。

11歳の時に2万円のガットギターを手にして以来、
ギター、キーボード、ベース…
バンドで活動したり、ラジカセ2台ではじめた宅緑…
音楽は常に近くにあった。

バンドをやるようになって、いろんなかっこいいバンドや仲間と接して、
自分なりに、「表現」というものを考えるようになり、もがいていました。
でも「スタイルの表現」にこだわりすぎて、
ちょっと自由でなかった気がします。

ある頃を境に、身の回りのことを、自然と
言葉や音にするのが、苦でなくなり、
いわゆるオリジナル曲がすこし納得して作れるようになりました。

この自由なひとを、「かちち」と呼ぶことにしました。

むずがゆい感じですが、
かちちは、ニックネームであると共に、自分にとっては、
ある意味、理想像を演じる時の名前みたいな意味合いもあります。
[PR]
by kachichi_office | 2005-03-20 19:15 | 半熟音楽生活
ようこそかちちのページへ。
かちちです。
唄を作って唄っています。

日々の暮らしに感じたことを、
色々と削ぎ落として出来てくるものが、「かちちの唄」です。
ぜひ、ライブにおいで下さい!ライブ情報は、右のカレンダーの下に載せています。
あったかくなったり、せつなくなったりしてもらえれば。

最近、「あなたの唄を聴くと風景が浮かびますね。」というような旨の感想を頂きました。なんとありがたい…。
言われてみて、唄を作るとき、自分の中にはほぼ必ず絵が浮かんでいることに気づきました。それが伝わったことが素直にうれしい。

そんなわけで、というわけではないですが、このブログでは、日々の生活をなるべく画像で記していこうと思っています。

あ、音源もアップしていこうと思ってます。
そちらはRadioかちちで配信しますよ。


かちち

d0007656_1695989.jpg

[PR]
by kachichi_office | 2003-10-02 01:55 | プロフィール…?